スポンサーリンク
スポンサーリンク

今日はデートなので娘を嫁実家に預けて、このあたりで一番大きい公園に嫁と行ってきました。すまん娘。パパの勝負日なんだ。

782: 花咲か名無しさん 2009/03/29(日) 20:12:43

スレが落ちる前に報告。
なるべく頑張って会話を思い出しながら書いてます。
報告は今晩で最後になると思います。

今日はデートなので娘を嫁実家に預けて、このあたりで一番大きい公園に嫁と行ってきました。
すまん娘。 パパの勝負日なんだ。

公園はバスで30分ほどの、池あり芝生ありの遠足スポットです。
桜が良い塩梅で咲いていて、半日かけてゆっくりと公園を周りました。
その間、いろんなこと話しましたよ。

嫁がまだ中学生だった時に一緒に回った原宿や渋谷のこととか、俺が忘れてたような小さいことを
いっぱい話してくれました。
渋谷で今思うとおもちゃみたいなアクセを、嫁がおねだりしたら買ってプレゼントしてあげたのが
すごく嬉しかったこととか、浅草で初めて嫁が俺にライターをプレゼントした時のお店のこととか。
池袋の寄席とか銀座のパーラーとか、同世代同士では絶対に行かないようなところに連れて
行ってくれたのが凄く嬉しかった。
金額の話じゃなくて、子供の自分に対してもきちんと女性として、大人同士のカップルみたいに自分を
扱ってくれたことが嬉しかった。

大人気分にさせられて、俺と本当に付き合ったら、俺と結婚したらってことを想像してたらいつのまにか
俺のことを好きになってたって言ってました。
嫁が中学生の時から何度も俺に告白しようと長い間悩んでたことを知って、いじらしく感じました。

当為jの嫁自身はそこそこモテてたのに、美味しい時代を全部俺に捧げたんだから責任取ってもらわな
かったら納得いかなかったとまで言われましたよ。
でも実は、毎年バレンタインデーとお互いの誕生日はデートしてたので、嫁の気持ちは薄々伝わって
ましたよ。

783: 花咲か名無しさん 2009/03/29(日) 20:17:05

一方、俺は昔から嘘がバレやすい体質で、結婚したときは嫁を女性として好きだったかどうかは
正直に分からなかったと告白しました。

でも、子供のときから嫁を見てきて、この子は悪い子じゃないって確信してたことは伝えました。
そもそも嫌な子だったら、家庭教師の合間にあっちこっち連れまわさなかったよ。
次はどこへ連れて行ってやろうか、毎回趣向を凝らすのが楽しかったのはいわゆるデートとなんら
代わりが無かった。
嫁のことを思うと10年は遅れて生まれたかったとか、でもこの年齢差があったからこそ嫁と出会えた
運命のこととかを話しました。

嫁を女性として意識したのは、嫁が女子高校生だったころで、そのころ俺は30歳過ぎてて、嫁の
経歴に傷が付かないように身を引いたのは不本意だったこと。
そして、決定的な結婚が決まった花見の件は内心嬉しかったけど、できればその前に嫁と恋愛関係に
なれてたらよかったのに、と思っていたことを伝えました。

普通の人には得られない、結婚相手の子供の頃から現在まで把握してる、誰にも負けないほどの
アドバンテージは誇らしいこと。
そして結婚後になってしまうけど、恋愛相手として嫁を意識してからは嫁の一挙手一投足に魅かれて
どんどん嫁にハマっていってしまったので、俺にしてみれば単に順序が違っただけだ、ということ。
思い出せる限りのいろんなエピソードで、少しずつ嫁を好きになったことを伝えました。
女心を解らない男が、男心を解ってもらおうと少しずつ話しました。

嫁が高校生の頃に、俺の誕生日に手編みのセーターを貰いました。
それはガチガチに固くて重たくて着れませんでしたが。
いくら女心に疎いとはいえ、そんな重たいものを貰っておいて嫁の気持ちに気付かなかったわけが
ありませんでした。

「貴重な青春時代を俺なんかに消費しちゃって良かったの?」
って聞いたらボランティア精神って言われましたw

784: 花咲か名無しさん 2009/03/29(日) 20:20:50

で、ここからが本番ですよ。
大きな池の岸辺にビニールゴザを敷いて、嫁手製弁当食べて、俺だけちょっとお酒飲んで
勇気貰ったヘタレ加減はお許し下さい。
鳥の唐揚げおいしゅうございました。 卵のサンドウィッチおいしゅうございました。 苺のデザート
おいしゅうございました。

俺「あのさ、覚えてる? 町内会の花見の時のこと。」
嫁「忘れるわけないよ。 人生で一番幸せだった瞬間だもん。」

実は、俺と嫁は町内会の花見の時に、嫁からのアプローチでなんとなく付き合うことになって、
そのまま周りの人たちに流されるようになんとなく結婚しました。
この「なんとなく」がボタンの掛け違いの元凶だったはずです。
俺は座りなおして、嫁に正座で対面してきちんと言いましたよ。

俺「必要ならあそこからやり直します。」
嫁、何も言いませんでした。
俺「結婚を前提にお付き合いさせてください。」
嫁、横向いてしまいました。 でもこっちの攻撃は止みません。
俺「人生最高の幸せがあの時だったなんてことにしません。 もっと嫁を幸せにしてやります。」
嫁に土下座しました。
俺「よろしくお願いします。」

俺の脚本だと、ここで嫁が三つ指ついて「よろしくお願いします」って返してくれるところでしたが、
ダメでした。
しばらく頭を下げてましたが、周りの人の視線が痛いのと嫁が無反応だったので、あきらめて
顔を上げると
嫁は横向いて池のアヒルを見たまま、こっちを見てくれてませんでした。

785: 花咲か名無しさん 2009/03/29(日) 20:24:24

俺「ダメ?」
たぶん数秒だったんでしょうけど、すごく長く感じました。

嫁「信じていいの?」
俺「? 俺を?」
嫁「この前あたしに言ったこと。」
ダメ男ながら精一杯女心を把握しましたよ。 嫁の目を見ながら言いました。
俺「嫁を愛してます。 こんな俺と結婚してくれてありがとう。 これからもずっと一緒にいてください。
不安なことがあったら遠慮せず言ってください。 それが夫婦っていうもんだと思ってます。」

準備に考えすぎてセリフが芝居がかってたと思います。
でも、本音です。
それでも嫁が無反応で会話が途切れたので、緊張感に耐え切れず俺も胡坐に足を崩しました。
で、ビニールゴザに二人並んで座って、しばらくアヒルを眺めてました。
手持ち無沙汰でお酒飲んだり弁当摘んだり(禁煙エリアで煙草吸えませんでした)。

嫁「幸せすぎて氏んじゃうかも。」
長い時間が過ぎましたがようやく嫁がボソッと呟いたので、嫁を刺激しないようにアヒルを見ながら
そっと応えました。
俺「それはなによりだが、病気してるんだからそういうことは言うな。」
嫁「私も言います。 ずっと愛してきました。 今も愛してます。 何があっても離れません。
これからもずっと一緒にいて、ぐ、ぐだざ。」

振り返ると、桜が舞う芝生を背景に、嫁、涙と鼻水でぐしゃぐしゃで、両手でゴシゴシ目を
擦ってました。
そのあまりに愛らしい光景に、嫁が泣き止むまでたっぷり30分は肩を抱いてました。
(ああ、だからお前は泣くと目が腫れるんだ、と冷静に観察したのは秘密です。)
これまで涙を見せない嫁だったので、クールなのかな、と思っていたのですが、本当に泣くのが
困るだけだったようです。

786: 花咲か名無しさん 2009/03/29(日) 20:29:43

このまま18禁の世界に行こうと嫁が言いましたが、もちろん体のことを考えて止めました。
検査では子宮筋腫は大したものではなく、このまま様子見でOKというレベルのものでした。

一方、嫁の顔がひどいことになったので、バスをあきらめてタクシーで帰りましたよ。
タクシーの中でまた嫁が肩を震わせて泣き始めたので運転手さんが無言でしたが、俺は心の中で
ガッツポーズです。

家に着いたとたん、
嫁「女はデリケートなんだから、今日みたいなやりくちは卑怯だ。 責任取れ!」
と言って、腹にボディブローを数発もらってからいっぱいキスしてくれて、俺の顔を涙と鼻水とよだれ
だらけにされましたけど、超幸せです。

ここからノロケモードに入りますw
嫁が晩御飯の支度をすると言うので、晩御飯仕度の嫁を置いて嫁実家へ娘を引き取りに行って、
ついでに嫁母に夫婦関係修復の報告をしてきました。

帰宅すると嫁が衣装箱を引っ張り出してきまして、中に俺がプレゼントした服やらアクセやらが
詰まってました(嫁よ、いったいいつこんな物を実家から持ってきたんだ)。
中には壊れちゃってるものもありましたが、全部取ってあるそうで嬉しかった。
服なんかもう着れないサイズだし、むしろ10年前のナウなヤングのセンスってこんなんだったかと
二人で笑いました。
娘が当時の嫁の年になったらどうなんだろうと、床に服を広げて娘を中に入れたりしておもちゃに
しました。 娘、早く育て。
嫁が高校生時代に、小遣いはたいて俺にプレゼントしたのにすぐに失くしたライターのことをまた
謝らせられました。
なんだかんだで、今日は結婚してから一番濃密な思い出に残る一日になりましたよ。

長々と愚痴と駄文を書き連ねてきて申し訳ありませんでした。
やり慣れないことするもんじゃなかったけど、これが無かったらと思うとぞっとします。
むしろ、これでより嫁と心が通じたと思います。

皆様、おつきあいありがとうございました。 俺はROMに戻ります。

>>786
良かったな。
これからも時々は、そうやって嫁に気持ちを伝えてやれよ。
末永くお幸せに。な。

>>786
お疲れ様、そしてGJ
嫁さんの気持ちを考えながら、自分の気持ちをしっかり伝えようという気持ちが伝わってきたよ
それだけに随分がんばった一日だったみたいだけどなw
ともあれ、今後とも幸せに!

「人生最高の幸せがあの時だったなんてことにしません。 もっと嫁を幸せにしてやります。」

いいねぇ。こーゆーセリフをさらっと言えるカコイイ旦那になりたいねぇ。
・・・・気取って言おうとするとキョドって余計にカコワルイから言えないよ・・・・

ともあれ>>786おつかれさん。
読んでて自分の嫁も愛しくなってくるようないい話だったよ。

789: 花咲か名無しさん 2009/03/29(日) 21:17:54
いやいや、お疲れ。
第三の一番幸せな人生のスタートじゃ無いか。ホント良かったよ。

791: 花咲か名無しさん 2009/03/29(日) 22:20:13
こうしてまたこのスレが一組の夫婦の幸せに貢献しましたとさ
このスレの潜在クオリティは計り知れんなあ

792: 花咲か名無しさん 2009/03/29(日) 22:59:11
恋愛経験無し喪男の全俺が泣いた 。・゚・(ノд`)・゚・。

引用元: 【集え】妻に「愛してる」と言ってみるスレ22【勇者】

8888: こちらも読まれています 2088/08/08