スポンサーリンク
スポンサーリンク

嫁との馴れ初めは俺が高校2年の時だったな

70: 花咲か名無しさん 2010/02/15(月) 10:53:18

中学の頃のクラスメイト。

嫁はカーストの最上部のグループに所属。
俺はかなり下の方だった為、二年間同じ
クラスだったのに、話した記憶はない。
集合写真では何の因果か、隣に写っている
のだけれど。

俺が中二の終わりで転校し、そこから暫く
一切の交流なし。

高校、大学出て、就職して、転職して。
ふと思い立ってmixiで当時通っていた学校
のコミュを覗いて居たら、嫁が居た。

あんまり話した事無いなとは思ったが、
折角知っている人が居たのだし、と考え
ダイレクトメッセージを送った。

その時は嫁の勤め先が名古屋で俺大阪。
暫くはメールや電話でたまに話す程度。
ある日嫁が神戸に友達と旅行にくる事に。
そこで、大阪で再会。

再会後の第一印象は「誰?」らしい。
てか、そもそも俺の事を覚えてなかった。
ご義両親は覚えて居てくださったらしいのだが…。

馴れ初めというのかわからないけど、
付き合い始める迄の流れはこんな感じ。

71: 花咲か名無しさん 2010/02/15(月) 23:37:44

嫁との馴れ初めは俺が高校2年の時だったな

俺が所属していた部活の新入部員として入ってきたのが嫁だった。
以下、新入部員紹介の時の俺と嫁の会話

俺「え~と…じゃあ、○○のりお君自己紹介を願いしますw」

嫁「すいません…たぶん私のことだと思いますけど私は○○みおって言います。」

俺「…っ!?」

凍りつく部室、キモく動揺する俺、一人空気を読まず爆笑する顧問
ただただカオスだったこの時が俺と嫁の出会いだった。

72: 花咲か名無しさん 2010/02/15(月) 23:40:44
>>71
kwsk!!

73: 花咲か名無しさん 2010/02/16(火) 00:33:59
>>72
文才ないけどがんばるお!

74: 花咲か名無しさん 2010/02/16(火) 01:20:07

>>73の続き

どうやら嫁はA君に好かれていることを知っていたようでだった。
以下、その時の会話

ちなみに、俺の所属してた部活は吹奏楽部ね

嫁「あたしはA君に自分の演奏馬鹿にされるから大っ嫌い…」
嫁「馬鹿にするくせにA君自身演奏上手くないし」

俺「あいつ、そんなことしとったのか…でも、俺は嫁の演奏は好きだぞwwなんか落ち着くわww」

先輩♂「えっ!!なんでお前嫁ちゃんを口説いてんの!?」

嫁友「ってか先輩って嫁ちゃんのこと好きだったんだぁ…」

俺「え!…ちょ!??…ちがっ!!」

このあとめちゃくちゃ先輩と嫁友にはからかわれたが俺はただテンパリながら
俺「いや!別に嫁のことをそう思ってるわけじゃなくて、ただ先輩として!!
そう先輩として!嫁のいいところを教えてあげてるだけなんだって!!!」
と苦しい言い訳をするが結局は部活内で俺は嫁のことが好きという噂が広がった。
いや、実際嫁は可愛いしおっぱいおっきかったから気になる女の子ではあったんだけどね。

そして、この時の嫁の反応はというと、ただボーっと口を開けながら俺を見ていただけだった。

73: 花咲か名無しさん 2010/02/16(火) 00:33:59

>>71の続き

まぁ、ど初っ発でこんなことになったら普通第一印象最悪のはずなんだが
普段よく名前を読み間違えられるせいか嫁自体はまったく気にしていなかった。
むしろ、自己紹介が終わったあとも必氏で謝って来る俺に少し申し訳なさを感じたらしい

そんなカオスな自己紹介から4ヶ月が経って部活の夏合宿が始まった。
さすがに4ヶ月も時間が経ってると入部当初こそガチガチだった新入部員達も
部活や人間関係に慣れ始め上級生とも普通に話すようになっていた。

そんな夏合宿の夜に先輩♂と部屋で喋っていたら嫁と嫁友が部屋に入ってきた。
どうやら、暇なので相手をしてほしいらしい。俺達も暇なので適当に喋っていたら
話はだんだん恋愛話へと移っていった。
部活内で今、誰々が誰を好きで誰は誰が好きなのかという話がされていく中で
嫁友が「A君て嫁ちゃんのことが好きらしいよww」といきなり爆弾発言が飛び出した。
A君は自分のことや自分の周りの人たちのことを自分がすごいかのように自慢する
クラスで一人はいそうな、ちょっと…いや、だいぶウザイ部類に入る一年の子だった。

75: 花咲か名無しさん 2010/02/16(火) 01:27:57
ごめん、明日仕事が終わってから続き書くね

76: 花咲か名無しさん 2010/02/16(火) 01:39:28
生殺しとはまさにこの事

77: 花咲か名無しさん 2010/02/16(火) 07:03:38
続き待ってますよう

引用元: 【昔を】みんなの馴れ初めをおしえて【思い出して】 その2