スポンサーリンク
スポンサーリンク

嫁の声が震える。もう泣いてるだろうその声は、聞き取るのが難しかったがはっきりと俺の耳にその言葉が響いた。嫁「・・わた・・し。浮気していました」

8: 花咲か名無しさん 2012/01/20(金) 09:06:56.34
向こうに着いて一ヶ月が過ぎようとしていた。
毎日のメールと電話は欠かさなかった。嫁も最初のうちは寂しいよ、会いたいよの連発だったけど、
それでも一人で考える時間が増えた事で、電話越しでもわかるぐらい、大人の考え方がチラホラ出てきていた。
俺はこっちで頑張って、嫁は嫁で学校を頑張って。
きっと俺達は頑張れる。大丈夫だと思っていた。そんな矢先だった・・・。
予感というのかな・・全然触れてないことなんだが、俺は人並み以上に勘が鋭い。
特に嫁に関しては、目の動き、仕草、行動の合理性、非合理性など、その場その場で
嫁が何を考えているのかほぼ当てていた。嫁からは今でも「お前はエスパーだ」と言われる。
少し脱線したが、俺はその日の朝から嫌な予感がしていた。虫の知らせとでも言うのか・・胸が痛い。
家に電話をし、換わったことが無いか確認。特に無し。知人友人にもメールで確認。
やっぱり・・嫁か・・・。恐らく電話がくるな。夕方だな・・。
そして、その日の仕事が終わって部屋に着いたのを見計らってか、嫁からの着信音が鳴り響いた。

9: 花咲か名無しさん 2012/01/20(金) 09:22:22.48
四円

10: 花咲か名無しさん 2012/01/20(金) 09:22:47.68

嫁「もしもし、俺元気?
俺「おう、今部屋に戻った所だよ。どうした?寂しくなったか?w」ワザとおちゃらけて言う。
(頼むから杞憂でいてくれ・・・何か変だ・・・)
嫁、やはり少し元気が無い。
嫁「あのね・・・俺にちゃんと言わなくちゃって思ってる事があったの。今日やっと覚悟が出来たから
  俺にちゃんと言います。
俺「・・・わかった。なに?
嫁「私は・・私は貴方に黙って嘘をつくことが出来なくなりました。俺をこれ以上騙す事が・・出来ない・・・
俺は・・あの遠い目をしていた嫁を何故か思い出していた。いや・・それだと確信していた。
嫁の声が震える。もう泣いてるだろうその声は、聞き取るのが難しかったがはっきりと俺の耳にその言葉が響いた。
嫁「・・わた・・し。浮気していました

俺の心が。音も出さずに崩れていくのを感じた。砂上の楼閣、正にそれだ。
全てを賭けていた嫁からの衝撃の言葉。吐き気と目眩が俺を襲う。
だが・・俺はもうある事を確認していた。吐き気を堪えながら・・確信していた事を嫁に突きつける。
俺「・・・そうか・・悪い。お前に聞く。拒否は無しだ全て答えろ。良いな?
嫁「・・・わかりました。全部言います。」泣くのを堪え、俺の問いを待つ。
俺の中では、今まで何故嫁が遠い目をしているのか疑問だったが・・それまでの嫁のいくつか不審な
行動を組み合わせると・・なるほど、ね。
俺「お前が浮気した日。多分・・だけど8月の最初の週だよな?」嫁「?!・・・はい
やはり・・な。あの日だけ嫁が都合悪いの一点張りでデートに行かなかった日だ。続けて問う。
俺「それ以降は、恐らく会っていないな。会っていたら俺にばれると思ってただろ?」嫁「はい・・・
俺「肉仲良くもあるな、その反応だと。そして・・俺の知ってる奴、というかお前の元彼だろ?」嫁泣き出す。
それがもう答えだった。

13: 花咲か名無しさん 2012/01/20(金) 09:40:56.37

次の日の記憶は本当に希薄で・・・
ただカーメイトの箱をじっと眺めていたのだけは覚えてます。それしか思い出せないです。

あの電話から1週間。俺からは全く嫁に電話をしなかった。メールも。
嫁からは決まって夕方に電話が来ていた。最初の言葉は決まって「ごめんなさい」だ。
何に対して謝ってんだよ・・・そう言えば許してもらえるとでも思ってるのか?
毎日俺は嫁を否定しては電話の途中でも通話を切ったりしていた。声すら聞きたくなくなっていたんだ。
1週間で体重が4キロ減った。口にしたのは水とカーメイト1箱だけ。睡眠時間は2時間あるかないか。
会社の人からも「何か体調が悪いのか?休んだらどうだ?」と心配しくれる。
でも動かないと・・動いて無いと氏ぬような気がしていた。

14: 花咲か名無しさん 2012/01/20(金) 09:43:33.19
4円

15: 花咲か名無しさん 2012/01/20(金) 09:50:03.60
五円

17: 花咲か名無しさん 2012/01/20(金) 10:12:41.83
私宴

18: 花咲か名無しさん 2012/01/20(金) 10:17:47.17
④④④④
大丈夫だよな?
元嫁になった話しではないよな?

25: 花咲か名無しさん 2012/01/20(金) 10:52:50.50
>>18
④が4つでは意味をなさぬ。
①①①①が正解。

19: 花咲か名無しさん 2012/01/20(金) 10:23:03.95

どす黒い心で嫁に浴びせかける罵詈雑言。それを耐えながら聞き、受け止める嫁。
吐き出しているうちに、俺の心の中で別の気持ちが芽生えてくる。
それは、日頃いつも嫁が迷ったり悩んだりした時に嫁に言っていた言葉だ。
「お前はどうしたい?どうありたいんだ?」その言葉が俺に問いかける。
このまま嫁を責め続けるのが望みなのか?違うんじゃないのか?そう思うようになっていた。
今すぐ許せるわけではない。もしかしたら一生許す事が出来ないかもしれない。それでも・・
俺はこいつの側に居たいのか・・。いや、これだけのひどい言葉を浴びせられ続けた嫁は、
まだ俺の側に居たいのか・・・。俺は・・どうしたいんだ・・。
苦悩し、無言になる俺。嫁も黙っていた。無言の時間がどれだけあっただろうか。
嫁が口を開く。
嫁「もう・・私にかける言葉は無いんですか?私に言いたい事は無いんですか・・?
俺「・・・わからなくなった・・もう・・どうしていいかわからない。
嫁「そうですか・・。私は・・私が側にいるだけで俺が傷つくというなら・・今日で消えます・・
俺「・・・
嫁「本当に・・ごめんなさい・・私を・・うっ・・す・・・好きになって・・くれて・・ありがとうございました・・
嫁・・もうぼろぼろだろうな。電話越しに「嫌だよ・・離れたくないよ・・」と聞こえてくる。
俺「・・もう終わりだな。これで終わりなら電話切るぞ。後言う事は無いんだな?
嫁「待って!!・・・まだ切らないで・・お願いだから・・
俺「もう無いんだろ?時間の無駄だよ。んじゃ・・お前から切れよ」俺は・・どうしたいんだ・・・
嫁は観念したらしく・・呼吸を整え始めた。覚悟を決めたのだ。
嫁「今まで・・ありがとうございました・・。これで私は俺の前から消えます。・・・イヤダイヤダヨ・・・」遠めに聞こえてくる嗚咽の声
嫁「じゃあ・・さようなら・・・」電話を切る・・その瞬間!
俺「待てよ。お前さ、それで本当に納得するんだよな?」もう出てこないと思った、俺の心の声が出た。

20: 花咲か名無しさん 2012/01/20(金) 10:31:54.07
支援。

21: 花咲か名無しさん 2012/01/20(金) 10:36:13.12
メンヘラ本領発揮支援

22: 花咲か名無しさん 2012/01/20(金) 10:42:10.74

俺の心の中のどす黒いものが・・消えていったんだ。
あんなに憎かったのに。殺したいとも思っていたのに・・・
許すとかそういうのじゃない・・。俺がどうしたいのか、どう在りたいのか・・。
その答えが、言葉となって出てくる。
俺「嫁さ、ほんとう~~にそれで良いんだな。これで俺も切るけど、それで最後で良いんだな?」
もうここからは・・言葉ではない、嫁の心の叫びが爆発した。
電話が涙の水没で壊れるんじゃないかっていうくらいに大声で泣き、嗚咽し、俺に謝ってくる。
今度は・・その謝罪の言葉が少しだけ響いてくる。ああ・・俺はまだ「嫁」を見ていたいんだな・・・。
そう・・俺は見ていたいんだ。こいつを。バカな嫁を。側で・・・。
俺「俺は・・・まだ嫁を見るってだけだよ。これから変わっていくだろう嫁をさ
嫁「・・・こんなにひどい目に合わせた私にどうして・・?
俺「見ていたいからっつってんだろうが!それとも変わる自信が無いのか?あん?
嫁「変わります!変わって見せます!!だからもう・・棄てないで・・放さないで。お願いだから・・・」
俺「それは嫁次第です。いいか、俺はお前を今以上に見るからな。お前が変わろうとしない。変わらなかったら速攻で切る。わかった?
嫁「わかりました。その時は何も言いません。言うとおりにします
俺は続けて言う。「後ね・・年内で俺を惚れさせる事、いい?じゃないと無理
嫁「え?え?わ・・・わかりました!絶対・・絶対惚れさせる!
俺「期待してるぜ、嫁。んじゃさ・・わりーけど仕事あるから電話切るわ
嫁「え・・切るの?えっと・・あのあの・・
俺「「また明日な嫁。ちゃんと出ろよ?
また電話の向こうで号泣する嫁。
これで・・良かったんだ。きっと、絶対これで後悔はしない。
その日の夜は・・会社に遅刻するまでぐっすり寝れた。嫁も・・俺が電話するまで寝ていた。
俺と嫁の・・本当に辛い1週間が終わりを告げた。

23: 花咲か名無しさん 2012/01/20(金) 10:45:31.18
>>9さん>>11さん>>14さん>>15さん>>17さん>>18さん。
支援ありがとです。ここは本当に辛くて・・書くのに相当の気力を消費しました。
でもこういう支援のカキコ見る度に頑張ろうって思えます。
続きは夜にまた書きたいと思います。
それではまた夜に。

27: 花咲か名無しさん 2012/01/20(金) 10:56:38.89

>>23
読んでて辛さが痛いほど伝わってきたよ。
良く書いてくれました、ありがとう。

最後までよろしく。
④④④④

24: 花咲か名無しさん 2012/01/20(金) 10:47:08.14
S夫に④

36: 花咲か名無しさん 2012/01/20(金) 19:17:53.38
>>24さん>>25さん>>26さん>>27さん支援ありがとうございます。
色々皆さんの厳しい意見も、当時の友人知人から散々言われました。
お前は甘すぎると・・・。絶対浮気したやつはまた浮気すると。
まあそれがいつになるのかはわかりませんが、今はその兆候すら見えません。
浮気されてるかもしれない・・と告白前には思っていたけど思わないようにしていました。
でもあの事件以降、本当に俺にだけ尽くすようになりました。まあ当然なんだけどね。
俺の勘とでも言いましょうか・・洞察力が半端無いらしいので(友人曰く)油断はそれでも出来ませんが^^;
嫁本人にとっては、今氏ぬより嫌なことが俺に捨てられる事なので、それに繋がる行為は二度としないと思ってます。
というわけで・・また少しだけ長い物語を語っていこうと思います。皆さんよろしくお願いします。

26: 花咲か名無しさん 2012/01/20(金) 10:52:55.81
絵距離では山、谷あまりないんじゃないのか?
支援!

28: 花咲か名無しさん 2012/01/20(金) 11:22:43.54

夜までお預けか・・・

仕事してこよっと

29: 花咲か名無しさん 2012/01/20(金) 12:02:01.94
さあ仕事…って飯の時間かw

30: 花咲か名無しさん 2012/01/20(金) 12:21:32.95

高校生でほんの短期間つきあっただけの彼氏と「再燃肉仲良く」か…
まあ、それでいいならいいんだけど。

おっと、ごめん。
そういう青春もあるよな

31: 花咲か名無しさん 2012/01/20(金) 13:18:04.41
なんだ浮気するようなビッチか

32: 花咲か名無しさん 2012/01/20(金) 13:37:09.50

うちの場合は、もし俺が浮気したら徹底的に責めて俺を破滅させてくれ。
ただし、逆にお前が浮気したら同じように、
生きてることすら苦痛になるくらいに徹底的にやるぞ。

という約束で結婚した。
浮気のラインが恐ろしく低いから、多分、俺が別の女と
二人で食事するだけでも嫁に殺されるかもしれんなぁ

37: 花咲か名無しさん 2012/01/20(金) 19:21:24.71
>>32
いいなその約束
参考にさせて頂きますw

33: 花咲か名無しさん 2012/01/20(金) 14:49:50.93
浮気する奴は、必ずまた裏切るよ。ソースはおれの母親。
若い頃に親父を裏切って一晩だけの浮気ってのをしたらしい。
親父はそんな母親を許したが、つい先日50を超える母親が
浮気したよ。「もう自分に嘘をついていけない」んだとよ。
さすがに親父も離婚した。その代償に親父は精神を病んだ。
一度する奴は二度する。それも最悪のタイミングで。

34: 花咲か名無しさん 2012/01/20(金) 15:31:16.21
お前のカーチャンが最悪なだけだろ

35: 花咲か名無しさん 2012/01/20(金) 18:17:33.78
メンヘラ女は狙ったかのように隙無く浮気するよな
それはさておき229の話は面白いので続きも同じ調子で頼むわ

引用元: 【昔を】みんなの馴れ初めをおしえて【思い出して】 その5

8888: こちらも読まれています 2088/08/08

コメント

  1. 如月心咲 より:

    とりあえずまた見に来るわ
    話面白いし。

  2. 匿名 より:

    なんなんだ
    四六時中作り話を考えているのか?

  3. 匿名 より:

    語調が不自然つうか、昔の携帯小説みたい。

  4. 匿名 より:

    何、このトーン